【創業祭】全品送料無料&毎日抽選で購入金額の100%ポイントバックキャンペーン実施中!

親知らずを抜いたその足で「花束みたいな恋をした」を観に行きました

親知らずをぬきました

人生”初”親知らずを抜きました

こんにちは。知覚過敏のウツミです。
先日、人生初の親知らずを抜いてみました。

親知らずを抜くのって痛いイメージがありましたが、
麻酔ってすごいんですね!
痛みもなくすぐに抜けてびっくりでした。

局部麻酔のあとすぐ、全く痛みのないままズズズっと抜ける感覚だけがあり、
先生に「いやーこんなに早く抜けるんですねー」と言うと
半笑いで「まだ麻酔です。抜いてません」と言われました。

自分の感覚なんてあてにならないですね。


そのあと、ちゃんと右下の親知らずを抜いた感覚があり、
実際に抜いた歯もみせてもらって大満足。
ついつい親知らずのあった場所を舌でちょこちょこっと触って確認したら…
なんと、まだ右下の親知らずがあったんです。

言ってる意味が分からないですよね。
私もその時は訳がわかりませんでした。

抜いたのは右上の親知らずだったんです。
自分の感覚って本当にあてにならないですよね。

花束みたいな恋をしたで号泣

そんな感じで抜けた親知らずのあった場所に綿をはさんだまま、
「花束みたいな恋をした」を観に映画館へ行きました。

普段は洋画ばかりなので、数年ぶりの邦画だったんですが、
劇中にも登場し、音楽がたくさん使われているAwesome City Clubが好きでして、
正直そこまで期待をせずに行きました。結果、

号泣

自分がなぜ、このシーンで泣いているか分からないけれど、涙が止まらない。
胸が締め付けられて切ないけれど悲しくない、なんとも言えない多幸感。

観終わった後に私の中の水野さんが「映画って良いもんですねえ」とつぶやいた気がします。
今のところ、私の今年のNo.1になる、本当に素敵な映画でした。

まだ観てない方はぜひ、観に行ってみてくださいね。

Awesome city clubのいいところ

さて最後に、Awesome city clubをおすすめして終わりたいと思います。
Awesome city clubはオーサムシティクラブと読みまして、略称はACCかオーサムです。
そんなオーサムの何がそんなに良いのか。本当に色々あるんです。
コンセプトも曲も声も、エピソードも対バンのセンスもライブも良い。
歌詞にも遊び心が満載で「涙の上海ナイト」はキラキラしたサウンドに
私のような凡人には「え?」と衝撃を受けるフレーズが乗っかっています。

どんなシーンで聞いても、きっと、シャレオツな気分になるはずです♪


そういえば、先日実家の母から珍しく連絡があり、何かと思ったら
「King Gnu(キングヌー)のライブに行きたいけど、チケットの取り方が分からない」との内容でした。

King Gnuを知っていて、しかもライブに行くと決めているなんて!
我が母ながら、若いなー素敵に年齢を重ねているなーと思いました。

今時期はなかなかアクティブに外出できませんが、
いつの日か、また母とも一緒にライブへ行きたいな~と思いました。

エンタメが元気になりますように~!