累計30万枚突破の「洗えマスク」&夏物レディースパンツ販売中♪

好きな映画を何度も観てしまう件について

映画がすきです。

こんにちは。
なんとも言えない画像を設定してしまってすみません。
私にはセンスというものがあまり備わっていないので、
ブログを読んだ偉い人も頭を抱えていました。ウツミです。

これはあるある。だと思うのですが、
年を重ねると、昔聞いていた音楽だったり観ていた映画だったりを
繰り返し観たり聞いたりしちゃいますよね。

私も青春時代に聞いていた音楽はウン十年経っても変わらず好きです。
自分で初めてジャケ買いしたCDはYES(イエス)のロンリー・ハートなんですが、
やっぱりウン十年たっても聞き続けてしまいます。

そういえば、ジャケ買いって言葉も気が付けば聞かなくなってきましたね。
毎日サブスクで音楽を聴いていますが、たまにはCDを掘り出して聞いてみようかな。

そんな懐かしい話は置いておいて、
今日は映画の話がしたいんです。

何度も観てしまう好きな映画の話

タイトルの通り、好きな映画を何度も観てしまうんですが、
ストーリーもセリフも、もう身体に染み込んでいるのに
なぜ観たくなってしまうんでしょう。
なんならサウンドトラックも買って聞いちゃいますよね。

わたしは「天使にラブソングを…」や「バーレスク」、
「グレイテスト・ショーマン」などが大好きです。

と、ここまで書いて今初めて気が付きましたが、
音楽に特化した映画ばかりですね。
気が付くのが遅すぎて、いま無性に恥ずかしい気分です。
エ、エンターテインメントに心打たれるタイプなので(言い訳)
思わぬところで自己分析が進みましたが、皆さんはどんな映画が好きですか?

誰かのオススメ映画ってとっても気になります。
ネットの口コミや評価も良いんですが、
身近な人が「面白い!」と言っている映画が観たいんですよね~。

最近はなかなか映画館に行く機会も減ってしまっているんですが、
サブスクで映画が観られるようになった時代なので、家でたくさん観ます。
なので、だれか、どうか、私におすすめの映画を教えてください。

無人島にいきついたら

無人島にいきついたら

さて、最後に。
私は無人島に流されたらどうしよう。と考えることが多々あるのですが、
そんなときに観たくなる映画と、読みたくなる本を紹介したいと思います。
(自分が無人島に漂流した気持ちで観るのがポイントです)

映画:キャスト・アウェイ
主演はトム・ハンクスなので、安心して観てください。
ついついネタバレしそうになっちゃいますが、
人間には心の支えが必要だということが胸にささる作品です。

小説:無人島に生きる十六人
この本は明治時代にあった実話なんです。
読んだ後、心がきれいになるのでとってもオススメしたい1冊。
なんと、AmazonのKindle版だと0円で読めるので、
ぜひぜひ、一度読んでみてください。

定期的にサバイバル映画や漫画を読んだりしているのですが、
自分がサバイブできる気は全くしないんです。
たまに思い立って家庭菜園を試みたり、備蓄の見直しをしたりするのですが
なかなか生き残れるほどの安心感は得られません。
極限状態でも、人にやさしくできる人間になりたいな~。

ある日突然、ゾンビタウンになったときのイメトレもしているので、
いつかゾンビの話もさせてください。